お知らせ

第18回日本抗加齢医学会総会 優秀演題を受賞しました。

2018年日本抗加齢医学会総会の優秀演題として17選のひとつに私たち(浦田クリニック/スコール・東京工芸大学森山准教授・声のアンチエイジング研究家土井里美)の研究を選んで頂きました。

テーマは「声のアンチエイジング教室~声と見た目の10歳若返りプログラムの効果」です。

昨年5月に浦田クリニック/スコール(富山県魚津市)で、6回にわたって声のアンチエイジング教室を行い、その前後で声と見た目、そして二次的指標として肺活量や体の柔軟性などを測定し比較しました。

声と顔の動きの分析については、東京工芸大学の森山剛准教授にご担当頂きました。

声のアンチエイジング教室は、発声や滑舌に関しては土井里美がレッスンし、呼吸筋のトレーニングやストレッチについては浦田クリニックの理学療法士が行いました。

結果は、音素iについて有意な音声的改善が見られたほか、努力性肺活量や一秒量、肩甲骨外転、頸部側屈角の柔軟性も有意に改善しました。
また、口角については上に引き上げる動きに増加傾向が見られました。

今後は、今回の研究結果を踏まえて、更により効果の出やすいトレーニング方法を追及していきます。

教室で行っている口腔機能の改善がオーラルフレイルの予防、ひいては心理的なフレイルの予防につながるのではないかと大きく期待しています。
介護予防の分野で、楽しみながら機能を向上させていく声のアンチエイジング教室で、お役に立ちたいと決意を新たにしました。

最後になりましたが、関係者の皆様。ご協力くださった被験者の皆様、また医療関係者ではないアナウンサーのわたくしにこのような素晴らしい賞と口演の機会を与えてくださった日本抗加齢医学会の皆様に心からお礼を申し上げます。

180525抗加齢医学会受賞口演

  ALL